btn_arrowcorroborationengineerEngineerhamburgericon-angleicon-externalicon-facebookicon-hatebuicon-instagramicon-lineicon-linked_inicon-pinteresticon-twittericon-youtubelicense-foreignlicenselogo-gree

【TECH BLOG #27】CEDEC2021へ参加してきました!!

グリーエンターテインメント株式会社 エンジニア部 技術戦略チームのアンドゥです。
先日開催されたCEDEC2021(8/24~26)へ参加しましたので、今回はそれに関連してグリーエンターテインメントでの社外イベントへの取り組みなどを紹介したいと思います。

社外イベントへの参加について

私は社外イベントへの参加を非常に重要な事だと考えます。
ゲーム業界は変化が激しく、2~3年前の技術だと既に古くなっている事が多々あります。
今ではiOSやAndroidなどのOS、Unityなどのゲームエンジンすらも毎年バージョンが上がる事が当たり前となり、エンジニアは日々その対応に迫られています。
この様な状況の中で、社外イベントでは新しい技術情報のキャッチアップや現在のトレンドを探ったり、他社の良い取り組みなどを吸収できる絶好のチャンスかと思います。

これまでの移管&運営では少し古い技術を扱うことが正直多かったのです。
しかし、グリーエンターテインメントでは新規アプリも開発するため、リリース時の未来の技術やトレンドを先取りする必要があり、社外イベントへの参加の重要性が大きく増しています。

従って、グリーエンターテインメントでは社外イベントへの参加をサポートしています。
今回の“CEDEC”を始め、“Unite Tokyo”や“東京ゲームショウ(TGS)”などは毎年全職種で希望者を募り、参加受講料の補助などを行いつつ、積極的な参加を促しています。また、その他の小規模イベントでも希望と調整次第で参加できるケースも少なくありません。
私のような社外イベント参加を希望するメンバーにとってはとてもありがたい仕組みで助かっています!(ただし、参加後のレポート提出は必須ですが・・・)

また、グリーグループで考えてみると今年のCEDECでは18セッション24名の登壇があり、多くの情報提供をおこなっています。
昨年は、グリーグループ主催の「GREE Tech Conference 2020」が開催され、弊社メンバーも含めた多くのセッションがありました。今年はまだ開催未定ですが、もし開催されるならば、さらに多くの発表を期待しています!

報告会について

上述しましたが、社外イベントへ参加した際には、会社からレポートの提出が求められます。
しかし、“文章だけでは伝わらない”、“直接話がしたい”といった参加メンバーのために、有志による報告会も実施しています。CEDECやUniteなどはエンジニアに限らず、プランナーやデザイナーの報告発表もあり、多種多様な情報提供が行われます。

また、報告会はイベント当日に業務状況で参加出来なかった人に向けての情報提供の場にもなったり、予算の都合やセッションが重なってしまって聞けなかった講演の情報を収集できる場となることも期待しています。
さらにイベントの際には注目していなかった講演でも、会社のメンバーの話を聞くことにより、自分に関連のあるものだと気付いたり、新たな知見を得られることがあるかと思います。

従って、今後も“社外イベント参加” > “レポート” > “報告会”の流れを定着させて、多くのメンバーが社外イベントの情報に触れられるよう、積極的に報告会の開催も行ければと考えています。

CEDEC2021の感想

余談としてですが、今回のCEDEC2021に参加した個人的な感想を書きます。
CEDECとはゲームを中心とするコンピュータエンターテインメント開発に関わる各種講演を視聴出来るイベントであり、ゲーム業界ではメジャーなイベントです。
公式ページ:https://cedec.cesa.or.jp/2021/

個人的にはイベント会場へ足を運び、会場の雰囲気を感じながら参加したいのですが、残念ながら今年もコロナ禍の影響で2年連続の完全オンライン開催です。

昨年は育休中で不参加だったため、オンラインでは今年が初参加。2日間でいくつかのセッションを受講しました。しかし、期待していた程の収穫は得られず、完全にリサーチ不足だったと反省しています。その様な場合、リアル開催では他の会場へ移動していたのですが、オンライン参加だと受講時間以外は仕事やMTGが入っていたため、予定外のセッション受講がなかなか難しかったです。

今回、オンライン開催では事前の調査が重要だと感じ、リアル開催はイベントに集中できるなどの良さを認識しました。

私は地方出身者なので、CEDECやUniteなどの大きなイベントへ気軽に参加できる関東の環境をとてもありがたく思います。他の地域の方から「CEDECやUniteに参加してみたい」と聞いたこともあります。今はオンラインで講演を視聴する事も可能ですが、リアル開催ではその場でしかわからない雰囲気だったり、講演者の熱量などを直接感じることが出来ます。

来年はリアルでの開催も復活して欲しいと切に願います。

今後は状況によってオンラインとリアルでの参加を使い分け、会社や環境に感謝しつつ、可能な限りいろいろなイベントに参加できればと思っています。

最後に

最近新しいプロジェクトへ異動したため、更に新しい技術や知識に触れる事が多くなっています。そして、まだまだ知識が足りない事を実感しています。
社外イベントも含めいろんなところから情報収集&学習し、より良いアプリをユーザーに提供できるように努力していきたいと思います。
そして新しく得た知見を基に、そろそろ私も技術ネタを書ければと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました。

information

グリーエンターテインメント株式会社 広報担当

東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー

E-mail:info-ent@ml.gree.net